マンションの管理委託契約書作成方法

管理委託契約書は、「中高層共同住宅標準管理委託契約書」に基づいて作成すると良いです。

中高層共同住宅標準管理委託契約書は建設省(現国土交通省)により定められた、標準的な分譲マンションに関する管理委託契約書のひな型です。

昭和57年に初めて作成され、平成9年に大幅に改訂されました。

法的な強制力はありませんが、実際に広く利用されています。

マンション管理法第73条では、マンション管理業者が管理委託契約を締結するにあたって、一定の事項を記載した書面(通常は管理委託契約書)を遅滞なく交付しなければならないと定めています。

中高層共同住宅標準管理委託契約書では事務管理業務に限って再委託を認めていません。

事務管理業務は委託者を代行し、委託者に対してコンサルティングする業務が中心となりますが、これは「管理員業務」「清掃業務」「設備管理業務」に対して統括する責任を負うことになるためです。

国土交通省のサイトにも詳細と書式が出ていますので参考にされてください。

マンションの管理委託契約に係る標準管理委託契約書について

マンション標準管理委託契約書[書式]

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://go-hi.net/go-hi/mt/mt-tb.cgi/862

コメントする

このブログ記事について

このページは、山口ホームのステュディオ新大阪が2012年4月13日 14:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「遺言でできること」です。

次のブログ記事は「住んでいる賃貸アパートの地デジBS・CSアンテナ室内コンセントの交換」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。