こんな遺言は有効?

こんな遺言は有効なのでしょうか?

・ビデオで録画した遺言

・テープ、CDで録音した遺言

・フロッピーディスク、DVDで保存した遺言

上記の方法は遺言者の意思を伝えるものとしての遺言となります。

他に図やイラスト、巻物といったものでも可能です。

ただし法的な効力はありませんので、相続などの内容は「公正証書遺言」「自筆証書遺言」「秘密証書遺言」という形式で「遺言書」を作成しておく必要があります

なぜ法的に無効なのかというとビデオやテープ、CD、フロッピーディスク、DVDでは、簡単に編集・改ざんされる可能性が高いからです。

これらはたとえパソコンのハードディスク内で暗号化していたとしても無効となります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://go-hi.net/go-hi/mt/mt-tb.cgi/856

コメントする

このブログ記事について

このページは、山口ホームのステュディオ新大阪が2012年2月 1日 12:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「相続税から差し引かれる各種控除」です。

次のブログ記事は「遺言でできること」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。