2011年6月アーカイブ

「いまや不動産のドメイン名は、賃貸マンションのローマ字」

不動産会社のホームページアドレスは、社名をローマ字にしたものが一般的でした。

それが賃貸マンションをローマ字にしてドメインを付けたり、近年は扱う商品名をローマ字にして、ホームページのドメイン名にしています。

ドメインは@以降、アドレスは@前&以降の全てを含みます。

インターネット上の住所である「ドメイン」を管理している団体「ICANN」はドメイン名の末尾につく「.com」などの部分について、使用できる単語や言語を原則自由化する事を決めました。

2012年1月から受け付け開始です。

現在は「.co.jp」「.net」「.jp」「or.jp」「.info」「.asia」「.tv」「.in」「.tk」「.be」「.ru」「.sg」「se」など22種類に限られています。

AP通信によると、、「.bank」や「.hotel」などの企業名や商品名が使えます。

申請費用は、何と18万5000ドル(約1480万円)・・・。

6-30fudosan-domain-office-news.jpg

「配当2億円馬券! 古い賃貸マンションなら買えます」

日本中央競馬会が今年の4月から導入した新馬券「ウィンファイブ」でなんと2億円の配当が出ました。

国内の競馬史上の最高配当額で、古い賃貸マンションなら1棟ごと買えてしまいます。

1票100円で売り上げは14億4605万4600円あり、的中は3票もあったそうです。

この「WIN5(ウイン ファイブ)」は2011年4月より、5つの対象レースの勝馬を予想する5重勝単勝式です。

ルールは簡単でJRA指定の5レースの1着馬を全て当てたら的中です。

最高払戻金が2億円となる新投票方式です。

競馬界のtotoとも言われています。

6-28winfive-office-news.jpg

「各企業貸事務所の節電 たっぷり夏休みの過ごし方」

東日本大震災による夏の電力不足問題で沢山の企業が夏期休暇を拡大し、事務所の節電につなげる動きが出ています。

給料が減らないように制度上の手当てをした上で、年次有給休暇を含めて最大16連休にするメーカーもあります。

一部の旅行会社は商機ととらえ長期滞在型旅行プランを発売しています。

帝人は7?9月の電力消費を抑えるため大阪本社と東京本社、グループ会社の従業員約2500人に、土日を含めた16連休か、土日を含む9連休を2回取得するかをこの2種類から選べます。

武田薬品工業は営業本部を除く国内の従業員約4000人を対象に、8月13?21日に9連休の夏期休暇を一斉取得させます。

パナソニックはクールビズの期間拡大や事務所の節電に加え、事業所単位で夏期休暇拡大を検討中です。

旅行会社は長期滞在型の夏休み商品では、22日間まで旅行代金を同額に据え置くことにしています。

マレーシアのペナン島などの旅行は7?22日間の日程だが、11日を超えても22日間まで旅行代金を同額に据え置く。

企業側からは社員に「夏休みに自宅でエアコンをつけっぱなしにしては意味がない。家族で海外旅行に出掛けるなど従業員に過ごし方まで明示してはどうか」と考えるほどです。

6-27summer-setuden-office-news.jpg

「初めての試み、日産がマツダを販売 新大阪の貸ビルオーナーは仲介」

新大阪の貸事務所も徐々に空室が目立つ状況で、新規のお客様が減っています。

そんな中で、貸しビル業を営むビルオーナーが自社のビルから縮小のため撤退するテナント様を仲介し、他社のビルで半額近い条件で決めています。

つまり自社のビルは高い、他社のビルは安いと判断し仲介したそうです。

新大阪の貸ビルオーナー様にもいろいろな考えを持たれる方がおられ、単に賃料の値下げは行わない趣旨となっています。

一方、収益は上げないといけないので仲介をしている訳です。

マツダが「プレマシー」を日産に供給し、日産自動車は新型ミニバン「ラフェスタハイウェイスター」を発売しました。

マツダのOEM供給を受けて販売します。

日産が他社から乗用車のOEMを受けるのは初めてのことです。

その理由は、国内市場の縮小が続き、自動車メーカーは海外で販売する車種の開発に重点を移し、国内向け車種での協力を増やしていきます。

6-26nissan-mazda-office-news.jpg

「明暗・・大阪の貸事務所の入居率は9割 千秋楽の勝率は4割」

依然9割を下回る水準で大阪の貸事務所の入居率は良くありませんが、改修工事やアイデアをふんだんに盛り込み周辺相場より安くした貸事務所は満室です。

当たり前の事ですが、それを行うにはビルオーナーには高いハードルのようです。

八百長問題が発覚して大混乱の大相撲は、夏場所に代わる技量審査場所が行われました。

再発防止のため、携帯電話の館内への持ち込みが禁止され、各相撲部屋の親方が支度部屋に常駐して監視を強化しました。

千秋楽を7勝7敗で迎えた力士の取り組みはこれまで勝率が高く、疑惑の目が向けられてきました。

米国の経済学者からは7勝7敗の力士が8勝6敗の力士に勝つ確確率は7割9分6厘に上ると紹介されました。

現実に、過去3年(18場所)の幕内でも、千秋楽を五分の星で迎えた106人のうち、勝ったのは70人で、勝率は6割6分にのぼります。

八百長を認定された力士が角界を追放され、監視を強化した今場所の勝率は?・・・。

五分で千秋楽を迎えた幕内の10人中、勝っだのは稀勢の里、雅山ら4人。勝率は4割でした。

6-25itami-airport-office-news.jpg

「東日本震災後の"AC"CM減額交渉 不動産賃貸広告は激減」

自動車とオートバイのCMのように、賃貸マンションはCMが多いですが、貸事務所のCMはあまり見られません。

シーズンオフの今時期、テレビコマーシャルで不動産の賃貸広告はほとんど見られません。

東日本大震災の後、テレビCMの広告主となっている企業の多くが、民間テレビ局に対して広告料金の減額を求め、交渉が難航しています。

企業は自社のCMを自粛して公益社団法人「ACジャパン」のCMに切り替えましたが、災害時の広告料金について明確なルールがないためです。

放送局、広告主、広告会社の業界3団体は6月中にも災害時の広告料金の見直しについて協議いたします。
 
震災の後、各企業は自社のCMを、無料の公共広告を通じて啓発活動するためACジャパンのCMに切り替えました。

日本民間放送連盟によると、通常、今回のように広告主側の判断でCMをACに切り替えた場合、広告料金は当初の契約通り広告主から放送局に支払われます。

不祥事など広告主側の都合によることが多いために、このような制度が定着しています。

今回は震災で番組そのものの内容が変わったり、企業自身も被災したりするな特殊な事情があり、多くの広告主はACジャパンのCMに切り替えました。   

ACのCMは震災から1週間後の3月18日まで全CMの約8割を占め、3月末までに計約4万5000も回放送されました。


6-24led-setuyaku-office-news.jpg        

「活気づく新大阪の貸事務所!リニア新大阪接続で」

5月31日にリニア中央新幹線の大阪における駅を新大阪駅に直結すると、新大阪のオフィス街は活気が出ます。

新大阪駅を起点にJR大阪駅北の再開発区域「うめきた」地下の新駅を経由する「なにわ筋線」や、阪急電鉄が設置許可を得ている新大阪連絡線(新大阪?十三構想)が実現に向けて動き出す可能性もあります。

将来、東京?大阪間を67分で結ぶリニアが実現すれば、伊丹(大阪)空港の優位性が低下し、単身赴任者の移動手段も変わります。

関西国際空港は伊丹と統合し、早けれぱ14年度の事業運営権の売却を目指しています。

6-23osaka-retro-shop-office-news.jpg

「節電対策本格化・・企業の70%以上がオフィスの電気代を節約 LED、緑のカーテン商戦熱く」

関西電力の節電要請を受け、府内各地で今夏の節電対策を巡る動きが本格化しています。

各企業のオフィスビル内も同様で、

1、冷房を2度上げる

2、蛍光灯を間引きする

3、使わないオフィス機器の電源を切る

この3点セットで15%節電目標を目指します。

一般家庭でも節電運動は広まり、ホームセンターなど商戦が熱く、「ご提案節電対策」と書かれたボードを売り場に掲げ、節電関連商品をPRします。

白熱電球を発光ダイオード(LED)電球に交換すれば、電力消費量が大幅減になったり、日差しを遮る「緑のカーテン」をつくるゴーヤやヘチマ、アサガオの苗などの売り上げが伸びています。

こまめにコンセントを抜くようにしたり、節電はもはや他人事ではなくなってきています。

甚平など涼しく過ごせる家着や汗を素早く乾かす機能性肌着を夏の目玉商品になっています。

6-15led-setuyaku-office-news.jpg

大阪の賃貸オフィスビルの間にたたずむレトロナイトに時忘れ

大阪市内に残る明治?昭和初期の近代建築で、コンサートや演劇などを楽しむ「大大阪レトロナイト」が人気です。

大阪商工会議所が2007年に始めたイベンドは、今夏で100回目を迎えます。

大阪市西区の「崎山ビル」に店を構えるイタリアンレストラン「OPI?UM」で聞かれたコンサート。

参加者は大正時代の雰囲気の中で食事をしながら演奏や歌声を楽しみます。

賃貸オフィスビルの合間にたたずむ「堺筋倶楽部」は旧川崎貯蓄銀行大阪支店として昭和初期に建てられました。

大阪市中央区南船場にあるこのお店は201O年にレストランとして再出発しています。

大正ロマンを肌で感じられ、落ち着いた雰囲気で聴く音楽はひと味違うと人気です。

大阪市内には戦禍を逃れた建物が100棟以上あるといわれています。

6-14osaka-retro-shop-office-news.jpg

「水耕栽培工場が空き貸事務所ビル地下に」

水耕栽培で野菜を育てる『植物工場』を貸事務所ビルに作り、区画ごとに市民に貸し出すサービスがあります。

この栽培は養液栽培の1つで水耕栽培は養液を希釈した物や固形・原液などで、これを水で薄めて使います。

水耕栽培は、その水で薄めた物だけを使い(土を必要としない)栽培する方法です。

兵庫県宝塚市でスタートし、空きビル対策やまちづくりの拠点として注目を集めています。

阪急逆瀬川駅前の一等地のビルですが、空室が多く、この地下の約220坪の面積を利用します。

370床の栽培ベッドがあり、レタスやミニトマトなど20種類以上の野菜の苗を溶液を浸した発泡スチロールのベッドに植えると、

自然に外で栽培したものより、約半分の1?2ヶ月で収穫できる優れものです。

利用者は溶液の交換や増えすぎた苗を取り除く作業をする程度で、1週間に1度程度足を運べばよく、あとは、遠隔地からウェブカメラで生育状況を観察できます。

6-13vegitable-farmes-office-news.jpg

「東日本大震災 奇跡の一本松が赤茶色に変色」

『赤茶色Search.net』に大阪の賃貸マンションの新着サイトが多く掲載されています。

ページランクされていませんが、不動産関連のサイトが多くあるのが気になります。

東日本大震災で被災した岩手県陸前高田市の景勝地『高田松原』で1本だけ残った松が2週間前から赤茶色に変わり始めました。

原因は、地盤沈下によって、根が海水を含む土に浸かって傷んだそうです。

津波には耐えたのに・・・。

今、この奇跡の1本松を守ろうとボランティアらは、幹の周りにネットを巻き、地面に藁などを敷き詰めています。

6-12matu-office-news.jpg

「高い?スカイツリー展望台入場料金3,000円」

スカイツリーを所有する「東武鉄道」は賃貸事業で関東初の本格的な駅ビルとして昭和6年に浅草駅ビルが誕生しました。

次いで、百貨店やスーパーマーケット等の大型商業施設や、貸事務所ビル、マンション、さらには、スポーツクラブ、スーパー銭湯等のレジャー施設、物流倉庫等、様々な用途の建物を建設し、運営しています。

その東武鉄道から、東京スカイツリーの開業日と入場料金が発表されました。

開業は来年の5月22日、入場料金は地上350メートル地点の第1展望台と450メートル地点の第2展望台に分けられています。

大人が一番上まで行くと1人3,000円もしますが、極上の眺めが楽しめそうです。

他のタワーに比べるとかなり料金が高いように思いますが、今、日本でこんなに盛り上がっている場所があるでしょうか・・・。

6-11sky-tree-3000yen-shop-office-news.jpg

 

「来春開業スカイツリー商業施設名は東京ソラマチ」

来春開業する東京スカイツリーの商業施設『東京ソラマチ』に出店する主要20店舗が決まりました。

こちらの中層階は貸事務所ゾーンですが、この施設は地下3階から地上7階までで、計310店舗が入ります。

主要20店舗のうち、土産・サービス業などでは、大手デパート「東武百貨店」や、球団初の直営オフィシャルショップを開く「読売巨人軍」などが出店します。

音楽、映像の配信などを行う「エイベックス・マーケティング」は、電波塔にちなみ、民放各局のキャラクター商品の販売やイベントなどを手がけます。

ファッション・雑貨などでは、「三省堂書店」や若い女性に人気のブランド「サマンサタバサ」の店などが入ります。

6-10tokyo-sky-tree-office-news.jpg

「理髪店から不動産屋へ」

香川県さぬき市に全くの異業種ですが、理髪店から不動産屋へ仕事を変更される方もおられます。

香川県の散髪屋は親子3代に渡る創業100年の老舗ですが、不動産屋を始めました。

その名も『池田理容不動産有限会社』です。

京都市内の理髪店で、初めて訪れた客が髪を切った後に『金を忘れた。取ってくる』と店を出て戻らない『無銭散髪』が相次いでいます。

経営者の大半は高齢で、固定客が多い中、新規客を大切にしようとの心情を逆手に取った行為です。

この被害は、京都市内の上京、北区などで数カ月に一回発生し、ほとんど初来店時です。

同じ人物のようで、今までの被害が20件で、20ヶ月分・・・。

6-9barbers-shop-office-news.jpg

「大阪ステーションシティ 三越伊勢丹・ルクア・大丸 客足◎ 売上△」

GWの開業から1ヶ月を過ぎたJR大阪駅の大阪ステーションシティは、三越伊勢丹や専門店街ルクアの入店客数が予想を大幅に上回りました。

しかし、売り上げには直結しておらず、買い物をしない入店客の多さに店側はびっくりしています。

興味シンシンでお店に入る人は多いのですが、買い物袋を持って店を出てくる人はいません。

大丸梅田店の来店数は、想定した数の2倍にも達しましたが、買い上げ率は想定の半分の20%です。

平たく言うと、倍入って半分しか買わないのは、4人に1人程度の割合で、かなり現実は厳しい状況です。

当てが外れた格好です。

ルクアの武器は、通路化です。

阪急電車から伊勢丹に向かう通路になっていて、商品が非常に目につきやすい位置にあります。

大阪の不動産業者はすでにオーバーストア気味で、物件の品ぞろえや個性を打ち出して鎬を削っています。

6-8oosaka-station-city-office-news.jpg

「国内初オープン 大阪のホームセンターでEV充電」

賃貸マンションの平面図を作成するときに、エレベーターを表す記号に『EV』を良く使います。

これは、設計図面にも使用される一般的な表示です。

最近話題の電気自動車も同じ『EV』表示ですので、重なった時に躊躇します。

電気自動車を充電できるホームセンターが6月10日に大阪府寝屋川市に誕生します。

今まで、コンビニエンスストアなどには稀にありましたが、ホームセンターでは国内初となります。

その名は「スーパービバホーム寝屋川店」です。

売り場面積も国内最大級の17,000平方メートル(約5,000坪)です。

その駐車場にEV用充電器2基があり、客は無料で充電できます。

屋根に太陽光パネル157枚と風力発電機4基を設置したエコ店舗です。

6-7home-center-ev-office-news.jpg

「大阪の無機質なビル街にひっそりと佇む銭湯」

大きなマンションやビルが建ち並ぶ大阪市中央区のオフィス街にも昔ながらの銭湯があります。

玄関下足スペースから脱衣所は昭和レトロの趣があり、周囲の環境とはミスマッチしています。

浴室は中央付近に深浅の湯船がぽつんとひとつあるだけで、湯船のへり及び周囲の座り段は黒御影石仕様です。

ジェットや気泡バス、サウナなどの設備は一切なく、黙って「お風呂。」とつぶやくしかない状態になります。

面白いのは、この大阪の無機質なビル街のど真ん中に、このストイックなまでにシンプルな伝統銭湯が存在していることです。

つまり、生活や感情が感じられない冷淡な印象のオフィス街に昭和の時代の銭湯が存在することが、日本の文化の証です。

ミシュランが日本観光ガイドブックに紹介した無機質なビル街で、「全面ガラス張りで丸みを帯びた50階建てのビルは、直立した巨大な繭のよう」と紹介しています。

6-5spa-office-news.jpg

「不足気味・・サプライチェーンと家具付き賃貸マンション」

賃貸マンション募集の一連の流れは、ビルオーナーが空室を管理会社経由で仲介業者に連絡し、仲介業者が入居者を募集します。

その間に内装業者が入ります。

入居者様へ物件のお引き渡しに大まかに4つの会社が関わります。

東日本大震災の影響で、サプライチェーンが途切れました。

モノを売ったり提供したりする『供給する』を意味する『サプライ』と、部品や原料がお客様の手に届くまで色々な会社が関わる『鎖』を意味する『チェーン』。

大阪では、内装工事に必要な部品の不足や、発泡酒などの不足が現実味を帯びています。

6-4supply-chain-office-news.jpg

「クールビズ始まりました 家具付き賃貸マンション案内」

原発事故による夏の電力不足で5月からスタートしたクールビズ、蒸し暑い大阪の梅雨時期の賃貸マンションの案内が楽になりそうです。

「涼しい」や「かっこいい」と言う英語のクールと、「ビジネス」を縮めたビズを足して『クールビズ』。

ネクタイを外して上着を着ないクールビズは、スズシく、カッコよく働く事が出来る服装です。

環境省はさらに涼しい服装にする『スーパークールビズ』を呼び掛けていますが、それはポロシャツや何と、アロハシャツも構わない究極の服装なのです。

アロハシャツは、もはや環境省のお墨付きとなりました。

アロハを着て営業はちょっとできませんが・・・。

今後、当社に来店される企業様の服装が楽しみです。

6-3cool-biz-summer-office-news.jpg

「競売で1923年製ライカ1億5300万円!!古い賃貸マンション買えます」

ドイツの高級カメラメーカー、ライカ社の1923年製が競売で1億5300万円で落札されました。

これまでの最高額は8500万円で落札された世界初の市販カメラ『ダゲレオタイプ』でしたが、それを上回る過去最高額です。

大阪の古い賃貸マンションなら購入できる金額です。

ライカ社が1925年からカメラを販売するための試作品で、全25台の内の1台です。

今でも正常に作動し、アジアの収集家が落札したそうです。

6-2leica-camera-office-news.jpg

「ITモデルオフィス公開 大阪は北ヤード」

IT先進オフィスと言えば、大阪駅北地区先行開発区域のA・B・Cブロックに順次完成する高層ビルです。

NTT西日本は6月1日から企業向けにIT活用先端オフィス『モデルオフィス』を公開します。

クラウドコンピューターを活用し安全性を高めたオフィスです。

この『モデルオフィス』は大阪、名古屋、福岡の3支店の法人営業部に1ヶ所ずつ開設します。

複数のデータセンターを活用して今回のような災害時に情報が失われる被害を防ぎ、個人認証が必要なコピー複合機の導入で、情報漏えいを防止します。

6-1it-oosaka-office-news.jpg

このアーカイブについて

このページには、2011年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年5月です。

次のアーカイブは2011年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。