中国での取引きで世界の工場に異変

「中国での取引きで世界の工場に異変」

大阪の貸事務所や倉庫を借りに来れれるテナント様の業種は様々ですが、共通して言えるのは、中国での取引を伸ばされています。

特に、中小企業様で、中には売り上げの半分が中国と言われる会社もあります。

日本の物が良く売れるそうです。

反面、アパレル業種には異変が出てきており、「製品が調達できない」、「同じ価格でもう作ってもらえない」・・・。

ユニクロなどがけん引した衣料品の低価格化が転機を迎えています。

今後、品薄状況になりそうで、一部では値上げになるそうです。

背景にあるのは低価格を支えてきた中国生産の変調で、アパレル会社と現地の生産委託先との調整が今までのように簡単にはいかず、難航するケースが目立ち始めています。

中国工場から一方的に、FAXで断ってくるケースもあるそうです。

5-18Factory-of-the-world-office-news.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://go-hi.net/go-hi/mt/mt-tb.cgi/561

コメントする

このブログ記事について

このページは、家具付き賃貸TOPが2011年5月18日 07:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「民間設備投資と賃貸マンションには大きな影響が出ていません」です。

次のブログ記事は「スマートパック発売へ 賃貸オフィスビルはすべて禁煙」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。