2010年12月アーカイブ

梅田の魅力発信?

大阪市北区のJR梅田駅に建設中の『ノースゲートビルディング』の壁面に巨大な雪だるまのキャラクター『スノーマン』の映像が映し出されました。

大きさは40メートル四方です。

梅田の魅力を発信しようと、JR西日本、阪急電鉄、阪神電気鉄道などが企画。23?25日は午後6?10時に行われます。

kagutuki-chintai12-31

「月からとの民話も」

岐阜県に巨大なウサギ岩が姿を現しました。

高さ6メートル、周囲30メートルのおおきさです。

山頂を見上げているようなウサギの姿は近くの道路からも一望でき、車から降りて見入る人も多いようです。

地元には月からやってきて、岩に姿を変えたという、民話もあるそうです。

東京都渋谷区には『フーセンウサギ原宿別館ビル』という貸事務所もあります。

kagutuki-chintai12-30

テレビの地上デジタル完全移行は来年7月です。

「京都は遅デジ 多い町家、共同受信施設が進まず」

京都府では「ビル陰」と呼ばれる難視聴区域の対策が遅れています。

周囲にビルやマンションが立ち並ぶこの地区では長年、電波が遮られてテレビが映らなかったり、電波が反射して画像が二重に映る「ビル陰」の影響から、多くの世帯が共同アンテナ経由でアナログ放送を受信してきたそうです。

地デジ普及率は最低が沖縄の79パーセントです。

新大阪周辺の古い分譲マンションは今年、ほとんど地デジ対応になりました。

貸事務所ビルについては元々、テレビサービスがありませんので、対応していません。

kagutuki-chintai12-29

栃木県で飼われているオスの雑種『プースケ』が生存する最長寿犬としてギネスに認定されました。

25歳9カ月で、人間に例えると125歳を超えています。

ギネスブックによりますと、プースケが認定される前の記録は豪メルボルンに住むオーストラリアンケルピーの21歳3か月で、これまでに最も長く生きた犬は29歳5か月です。

大阪で長寿の貸事務所は1960年代です。

kagutuki-chintai12-28

神戸市はJR元町?神戸間の高架下に連なる空き店舗、通称『モトコー』の空き店舗を、芸術作品の制作・展示スペースとして無償で貸し出しています。

セレブな雰囲気は旧居留地?元町商店街

若い世代は三宮センター街

家族連れが多いのはハーバーランド界隈

マニアはモトコー

と分類されているようです。

モトコーは元町駅高架下の略です。

関西の貸事務所でも、神戸方面はかなり空室が目立っております。

kagutuki-chintai12-27

日産自動車は、走行中にCO2を全く排出しないゼロ・エミッション車の電気自動車(EV)「日産リーフ」を、12月20日より日本国内の日産ディーラー全店舗で一斉に発売しました。

EV専用車として設計・デザインし、大人5 人がゆったりと乗ることができる室内空間と、お客さまのニーズを満たす200kmの航続距離(JC08モード)を達成しています。

本格的なEV時代の幕開けです。

政府の補助金を受ければ最低298万円で購入できます。

この車の利点は

走行1キロメートル当たりの電気代1円(プリウスでも4円)

音や振動が少ない

携帯電話で離れた所からエアコンのONや充電状態を確かめられる

最寄りの充電設備が増えれば、貸事務所の案内用に最適です。

kagutuki-chintai12-26

「鉄建機構 1兆2000億円返納」

政府は2011年度予算案で独立行政法人の『鉄道建設・運輸施設整備支援機構』が抱える利益剰余金1.5兆円のうち、1.2兆円を国庫に返納させ基礎年金の財源とすることが決まったようです。

この鉄建機構の剰余金は、北陸新幹線の金沢―敦賀間の新規着工の財源として、地元が求めていたものです。

しかし剰余金の返納で、延伸の年内認可は、難しくなりました。

JRの鉄道関連工事会社はかなりの利益を出しています。

このJRグループの某ゼネコンですが、ことし、本社ビルを完成させました。

新大阪駅から徒歩5分の立地で、前面公道30メートルに面す角地です。

kagutuki-chintai12-25

目を疑うほど大きなネタが特徴のお寿司屋さんが寝屋川の香里園にあります。

『一楽ずし』店ですが、平日はビジネスマンではやっています。

開業35年、開店当時は近所に寿司屋が多く、個性を出そうと始めたのがネタの大きな巨大ずしだったそうです。

この周辺は住宅地ですが、駅前には貸事務所も少しあります。

どちらかというと、事務所・店舗が中心です。

kagutuki-chintai12-24

大阪府内に本社を置く資本金100億円以上の大企業116社の内部留保の総額が25兆円も上る事がわかりました。

2011年度税制改正大綱で法人税5パーセントの引き下げとなり、減税分が企業にため込まれる恐れがあります。

以下は興味深い試算です。

全従業員43万人の月額賃金1万円UPで、内部留保の取り崩しはほんの0.27パーセントです。

0.82パーセント取り崩すだけで、大阪府内のパート労働者134万人の時給を100円もUPできます。

民間信用調査会社の帝国データバンクが7月、全国1万1446社に法人税引き下げ分の使途を尋ねた調査では、社員給与・賞与の増額や設備投資の増強などを含む「積極投資」が42%を占め、「内部留保」を選んだのは25%でした。

kagutuki-chintai12-23

「サンタとトナカイ高層ビルの窓ふき あしながサンタ大行進も」

神戸市中央区のオフィス街でサンタクロースのパレード「KOBE SANTA WALK 2010」がありました。

市民が衣装を着て約150人のサンタが集まり「サンタ行進中!」などと書いたプラカードを掲げて約3キロを大行進しました。

また、お台場ではサンタとトナカイの姿で、ビル外壁の窓ガラス清掃をしております。

全国的にクリスマスムードが盛り上がっているようです。

kagutuki-chintai12-22

「大阪・日本橋 メード駐車場 車停めたらご主人さま」

メード喫茶が立ち並ぶ大阪の日本橋で、「メード立体駐車場」が初登場しました
 
入庫すると「お帰りなさいませ、ご主人様」とあいさつしてくれます。

日本橋を訪れるメードファンをねらい、ある駐車場運営会社が既存の駐車場を利用して開業しました。

料金は来年1月末まで平日1時間100円。

お茶のサービスもあります。

メード喫茶ブームが去り、メードさんの就職戦線も氷河期に突入しています。

それでも、時間貸し駐車場の料金は、 一向に安くなりません。

kagutuki-chintai12-21

米国の不動産、ディズニー?夢の街?崩壊危機 住宅差し押さえの波

米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーが16年前、テーマパーク「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」(米フロリダ州)の近くに建設した住民約1万人の"夢の街"が崩壊の危機に瀕(ひん)しています。

テーマパーク並みの特殊効果と厳しい景観管理によって別世界を演出してきた町並みです。

しかし、この街にも厳しい米国経済の現実が顔をのぞかせるようになりました。

理想郷に住むために割増料金を支払った住宅所有者がローンの返済を滞らせているそうです。

ゴミ一つ落ちていないこの街にも全米を覆う住宅差し押さえの波が押し寄せています。

kagutuki-chintai12-20

ひったくり被害で、34年連続で全国最悪を記録している大阪府のひったくり件数が今年、汚名返上できる可能性が高くなりました。

ひったくりは大阪名物と揶揄されています。

最近目立つようになりました防犯カメラの増設がその成果につながっているようです。

府警犯罪対策室は「やれることをやってきただけ。これからも終わりはない」と話しています。

貸事務所ビルオーナーも補助金が出ますので、割と積極的に取り組んでいます。

kagutuki-chintai12-19

 

「近い将来、朝礼をおはようございますではなく、『ニイハオ』で」

急成長している中国企業が海外M&A(買収・合併)で、日本の株安と日本企業のブランドや技術力に目を付け始めています。

中国株式市場の時価総額は2005年以来約7倍の3兆8000億ドルに膨れ上がり、日本市場との格差をほぼ埋めつつある一方です。

ドイツ証券の本部長は『中国企業は日本企業の持つテクノロジーを手に入れようと買収対象として旺盛な意欲を 示している』と指摘しています。

東レの部長は『近い将来、朝礼をおはようございますではなく、『ニイハオ』で始めなくてはならない日が来るだろう』と確信しています。

来るべき「Xデー」に備えて中国語会話の学習は必要でしょうか?

kagutuki-chintai12-18

JR大阪駅すぐ近くに鹿島建設が施工した21階建ての高層ビルですが、鉄骨1本が傾き、約7センチずれたのに補強作業をしないまま今年3月に完成させていた事がわかりました。

現場の建築事務所長は、工事の途中で傾きに気付いていましたが、鹿島建設本社にも連絡をせず、発覚を恐れて設計会社に提出する建築確認申請に関するデータを改竄(かいざん)しました。

このビルは安全性を確認する前に、所有者に引き渡されていたようです。

今年10月、工事関係者が書いたとみられる情報がインターネット上に流れたことが発端となり、鹿島が調べたところ判明しました。

この件で、鹿島は顛末を大阪市に報告。大阪市から建築基準法に基づき是正指導がありました。

当社のホームページにも掲載している新築のハイグレードビルです。

阪急梅田徒歩3分
地上21階 地下1階
竣工予定 2009年11月
設計監理 株式会社昭和設計
施工 鹿島建設株式会社

kagutuki-chintai12-17

レンタルオフィスを展開・運営する名古屋のオフィスパークは、空室のある貸事務所ビルなどをリニューアルし、テナント誘致するプロデュース事業に力を注いでいます。

主力のレンタルオフィス事業で培ってきた集客のための改装ノウハウを投入して、ビルの活性化をはかります。

この名古屋地区のレンタルオフィスですが、ブース貸し1.3坪/42,000円、個室貸し5坪/157,500円が相場のようです。

kagutuki-chintai12-16

オバマ米大統領は10日、ホワイトハウスでクリントン元大統領と会談し、野党共和党と合意した所得税減税の2年延長を柱とする法案などについて協議しました。

ビル・クリントン元米大統領は、年末で期限を迎えるブッシュ減税について、富裕層向けを含めて2年延長するよう協議。

バブル崩壊後に長期不況に陥った日本経済を引き合いに出し、『我々は日本のようになりたくはない』を述べました。

菅総理は法人税5%下げを決定しました。

kagutuki-chintai12-15

今年の5月に、スマトラ島に住む2歳男児がおもちゃの車に乗りながら、たばこをふかす姿がネットに流れました。

国内外問わず波紋を呼び、インドネシア当局が禁煙に乗り出したました。

男児は30日間のリハビリ治療を経てニコチン中毒から解放されたといいます。

ただ吸い始めが早すぎたせいか脳が委縮するという後遺症が残ってしまっているようです。

この男児は一日に40本も吸い、親は『たばこが切れると暴れるから』と容認していました。

こうした事態に、この国の政府は公共施設や貸事務所ビルなどの出入口迄も含めて全館禁煙にすると決めました。

違反者には営業権取り消しの厳しい罰則が科せられます。

kagutuki-chintai12-14

10月25日に竣工しました「大阪富国生命ビル」(大阪市北区小松原町)が12月9日、いよいよ開業します。

地下の2階から地上4階まで吹き抜けに設けられたガラス張りのアトリウム(フコクいのちの森)は、新たな待ち合わせ場所として人気を呼びそうです。

富国生命保険広報室の古屋剛さんは「地下2階のアトリウムが根の部分で、共に成長していくというのがキーワード。

待ち合わせスポットとして使っていただき、意見を聞きながら時代とともに変わっていきたい。

大阪の皆さまとともに発展し続け、いつまでも愛されるビルになりたい」と話しているそうです。

地下1階から地上1階には飲食店、2階から5階には金融機関や大学関連施設、6階以上は貸事務所スペースが入居します。

kagutuki-chintai12-13

「オフィス空室率 大阪市内やや改善」

大阪市内の主要ビジネス地区の11月末時点の貸事務所ビル平均空室率は11.78%で、過去最低の先月10月より改善しました。

大口の新規契約があった事が理由ですが、根拠が乏しく先行きは相変わらず不透明から企業が事務所の新設や移転を控える傾向が強いです。

ビルを開業しても 約3割しか入居がない異常事態となっております。

地区別で、心斎橋・難波14.5%、船場13.62%の順に悪く、最も良い地域は南森町の8.58%です。

kagutuki-chintai12-12

アパマンショップが第11回全国大会を開催しました。

そこで「圧倒的日本一」目指します宣言をされたそうです。

アパマンショップは第11回全国大会を開催し、その中で、アパマンショップホールディングスの大村浩次社長は5年後の計画として

「賃貸斡旋件数の圧倒的日本一」

「賃貸管理戸数圧倒的日本一」

「第三の収益の拡大」

を掲げました。

貸事務所・倉庫・工場の仲介などはされていませんが、一般の賃貸マンションではかなり物件を持っています。

不動産業界紙のアットホームやレインズにもいつも掲載されています。

kagutuki-chintai12-11

東京の不動産管理会社がオフィスカウンターとサービスカウンター業務を新たに拡充すると発表しました。

オフィスカウンター業務では、通信管理・オペレーション、レイアウト変更、軽微な営繕工事、什器在庫管理などに対応。

サービスカウンター業務では、社内郵便管理、郵便・宅配窓口、新聞雑誌管理、物品購入・在庫管理、各種受付窓口、社有車運用管理、福利厚生などの多様な業務に対応します。

新サービス拡充によりオフィス関連のトータルサポートパートナーと位置付けた一貫体制で顧客ニーズにより幅広く対応していくそうです。

大阪でも最近は付加価値の付いたオフィスビルが人気です。

kagutuki-chintai12-10

国際協力銀行(JBIC)は、「わが国製造業企業の海外事業展開の動向」に関するアンケート調査を実施し、結果を発表しました。

中国の尖閣諸島事件を受け、日本企業は中国事業におけるリスクに対し敏感となりつつあります。

リスク分散が重要との認識も高まってきており、こうした視点からも、日本企業のアジア新興国における今後の事業展開動向が注目されています。

「尖閣諸島問題で中国への投資評価下がる」

長期的な海外投資先としてインドの評価が高まってきているようです。

中国は尖閣諸島問題をきっかけに評価を下げる企業が増えています。

大阪の新築賃貸マンションや貸事務所ビルは未だに投資先の物件として人気があります。

kagutuki-chintai12-9

大阪府が、大阪(伊丹)空港の騒音対策で実施している周辺民家のエアコン更新代に対する独自補助について、今年4月以降は3回目の更新から補助しないことを決めていたことがわかりました。

橋下知事は、『空港があろうとなかろうと、みんながエアコンを設置する時代になっている。

対象区域外の府民との公平性を考えて見直した』と説明しました。

この新大阪地域も一部ですが、補助対象区域となっています。

貸事務所ビルは対象外で、賃貸マンションなどに補助が出ていました。

部屋毎に空調機が付き、エアークリーナーとセットになっています。

kagutuki-chintai12-8

契約書に精神障害者排除条項・・・・謝罪

東証一部上場の某賃貸アパート・マンション会社が、入居者と結ぶ賃貸契約書に精神障害者を排除する条項を記載していたことが分かりました。

大阪府が改善を指導しました。

同社は問題の条項を削除し、4日、障害者団体などに謝罪しました。

この会社の全国共通の賃貸借契約書には、直ちに明け渡し請求できる理由として、

1ヶ月以上の家賃滞納

ペット飼育

入居者、同居人、関係者の精神障害者か類似する行為

という条項があります。

kagutuki-chintai12-7

「何か持っていると言われ続けてきました。今日何を持っているか確信しました...それは仲間です。」

この言葉が2010年「新語・流行語」特別賞として斎藤佑樹選手に贈られました。

選ばれた名言は11月14日の早慶戦で4年ぶりで早稲田が優勝した時に、齋藤選手が主将として試合後に語った言葉です。

山口ホームはサービスとか付加価値とか便利なアイテムとか何か特別さを持っている貸事務所・かゆい所に手が届く単身赴任マンションの仲介に努めます。

斎藤佑樹選手

大阪府が所管する240の公共施設のうち、35%に喫煙スペースが設けられています。

建物の全面禁煙化を目指す2011年4月までに全て撤去する計画です。

ただ禁煙化にも問題もありますようで「敷地内を禁煙としても敷地外で喫煙する人が増え、歩行者・住民等周辺に迷惑がかかる」、

「全面禁煙にして喫煙室や灰皿を撤去してもルールを守られない恐れがあり、吸殻のポイ捨てや火事が心配である」、

「敷地内が広大である」、「喫煙したい府民・業者等利用者とのトラブルが心配である」を挙げた施設が多く、禁煙化の実施に際して、管理方法についての不安が多くあることが調査で明らかとなったようです。

大阪の貸事務所も今や、共用スペースは全て禁煙です。

大阪府施設35%に喫煙スペース

敗訴確定しましたが・・「1メートルずらして"大たこ"営業」

大阪市から土地の明け渡しを求められた訴訟で7月に敗訴した大阪・道頓堀の名物たこ焼き店『大たこ』が、本の場所から1メートルずらして営業しています。

平松市長はカンカンで、年内にも強制撤去するそうです。

市によりますと、11月22日、大阪地裁の執行官に、店側から自主的に撤去したという連絡があったそうです。

ところが同日、市職員が現地を確認したところ、フェンスで囲まれている元の場所よりさらに市道中央寄りに約1メートルせり出す形で新店舗を設置してたこ焼きを売っていました。

違法と言えば、場所だけでなく、高さ制限に違反して建設された賃貸マンションも取り壊しになりました。

1メートルずらして

三菱地所レジデンス「日本一のマンション会社」来年誕生へ 

来年1月2日にスタートする三菱地所グループの新会社『三菱地所レジデンス』は現在2位の大京を抜いて、実質的日本一になることになります。

中期的な経営目標として、2015年度のマンション供給戸数5600戸、売上高2600億?2700億円程度を掲げているそうです。

三菱地所は貸事務所の家主業もしています。

日本一のマンション会社」来年誕生へ

もう街中はクリスマス色になってくる頃でしょうか。

大阪ビジネスパークに巨大なクリスマスツリーが登場しました。

高さ8メートル、LED電球15,000個の光からなっています。

超高層ビル群と都市公園で構成された、大阪市中央区の貸事務所ビル街です。

OBPにツリー

北朝鮮の韓国砲撃事件で文具事務用品・事務機器業界にも思わぬ余波が

『みのもんたの朝ズバッ!』、8時代のコーナーで、みのさんが、文具券の有効期限は12月31日までなので、早めの利用を」と消費者に呼びかける予定でしたが、北朝鮮の韓国砲撃事件により、コーナーが放映できませんでした。

文具券は、日本文具振興が設立した1978年当時から発行している文具類と引き換えられる金券です。

額面は500円で、加盟店は2003年3月の段階で1万店舗を超えておりました。

今回発表した利用期限である12月31日をもって、記載の有効期限の有無に関わらず利用できなくなります。

この番組は結構、出勤前のサラリーマンの方も見ておられます。

文具事務用品・事務機器業界にも思わぬ余波

このアーカイブについて

このページには、2010年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年11月です。

次のアーカイブは2011年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。